丹沢山麓でのんびりフォトライフ

丹沢山麓をベースに、湘南から富士、箱根、伊豆をメインにのんびり好きな花や風景の写真撮影を楽しんでいます。

自然の姿に戻った富士山の夜明け

 昨日は満月で快晴。となれば最高のパール富士のみられるチャンスです。でも混雑するのは必至ですのでパール富士はあきらめ、何十年ぶりかで見られる人文字のない自然の姿に戻った富士山の夜明けの撮影をしてきました。
 人がいない漆黒の富士山を見ていると神聖な感じがします。文化遺産に登録されているのだから年に数日でもいいから全く人のいない神聖な富士の姿を取り戻してほしいと願います。

箱根
正面は箱根・明神岳、右は金時山 (SONY α7RⅢ ソニーSEL2470GM)

富士山
漆黒の富士山 (SONY α7RⅢ ソニーSEL100400GM)

富士山
夜明けの富士山 (SONY α7RⅢ キヤノンEF70-200mm F4L IS)


【タイムラプス映像】


朝霧の江ノ島

 梅雨が明けやっと夜の撮影ができるかとおもったのですがあいにく曇り空が続きいまだに富士山の姿も見られません。明日が満月で明日のパール富士は未明で赤富士のパール富士が見られます。このチャンス逃してはならないと普段なら思うのですが今回は見送りです。だって3密になるんだもん。
 代わりにせめて満月だけでもと夜中に出かけましたがあいにく霧が立ち込め富士山も箱根の山も見えません。一瞬雲の隙間から満月が現れましたが撮影に手間取り撮影失敗。

満月
箱根方面の満月 (SONY α7RⅢ ソニーSEL100400GM)

 このまま帰るのもしゃくなので途中久しぶりに江ノ島の撮影をすることにしました。江ノ島もうっすら霧がでていますがいい感じに雲がでており、地表と雲の間だけオレンジ色になりちょっといい感じになりました。

江ノ島
江ノ島 (SONY α7RⅢ キヤノンEF70-200mm F4L IS)

 江の島の撮影を終え変える途中、今度は丹沢の中腹から下が薄霧に覆われベールのような雲が流れています。なかなか見られない光景です。急いで撮影ポイントへ移動しましたが残念ながら全体が霧に覆われてしまいました。

大山
大山 (SONY α7RⅢ ソニーSEL100400GM)

梅雨明け最初の朝

 長かった梅雨もやっと昨日明け、今朝は未明に空を見ると久しぶりに星が輝いていました。東の空もうっすらと赤みを帯びていますので急いでカメラを持っていつもの場所へ直行です。

 撮影開始してだいぶ時間が過ぎそろそろ日の出の時間が近くなっているというのに一向に東の空は焼ける気配がありません。今日はダメかと撤収をしようとしたところ急に雲が焼け始めました。時間にして5分くらいだったでしょうか、とてもきれいな朝焼でした。
 でも帰ってから撮影した写真を見ると実際に目にした朝焼けとはだいぶ違っていてがっかりです。理由はレンズと撮影方向の違いで朝焼けの全体が映っていないためのようです。

 午後せっかっく天気も良くなったのでどこかへ出かけようかと思い浮かぶところを考えるとどこも人がいそうで適当なところがなく結局人がいそうにない川べりの草むらへ花探しに出かけました。ところが来てびっくり。。これまで人など見なかったところなのに人でいっぱいです。ここは夏限定の川遊びの場所のようでした。

 昨日、一昨日は東京では500人に迫る感染者数でしたがすれ違う人は誰もマスクをしていません。全く警戒心もなく、途中横切った東名高速は以前の日曜日と変わらない車。

 コロナなんか怖くない。それよりGoToだ!!

これでは感染者は増える一方です。この勢いで秋から冬に入ったらいったいどうなることでしょう。


【タイムラプス映像】



やっと梅雨明け

 今日こそ梅雨明けと思い早起きして空を見ると曇り空です。梅雨明けはまたお預けかとあきらめていると8時過ぎに急に日が射し始めみるみる青空に変わりました。やっと梅雨明けです。

 さっそく近くへ夏景色の撮影に出かけましたが富士山は残念ながら見えません。でも丹沢は少しカスミがかかり朝日で稜線がくっきりとしてとてもいい感じです。ちょうど光芒も出ていたので丹沢は後回しにして光芒の撮影をしましたがすでに日が上がりすぎてコントラストが弱く残念な結果でした。
 午後再チャレンジと撮影に出かけたものの夏らしい雲が無く花の撮影に切り替えました。やっと梅雨が終わりこれから本格的な夏だというのにすでにアザミやツルボ、ニラなどの秋の花が咲いていました。


梅雨明け
(SONY α7RⅢ ソニーSEL2470GM)

梅雨明け
(SONY α7RⅢ ソニーSEL2470GM)

丹沢
(SONY α7RⅢ ソニーSEL2470GM)

カノコユリ
カノコユリ (SONY α7RⅢ ソニーSEL2470GM)

ノカンゾウ
ノカンゾウ (SONY α7RⅢ ソニーSEL2470GM)

ツルボ
ツルボ (SONY α7RⅢ ソニーSEL2470GM)

7月最後の朝

 とうとう梅雨が開けないまま7月も最後になりました。今月はまともに晴れたのは1日だけというこれまでに経験したことがない最悪の一か月でした。
 おまけに気がくるっているのかといいたくなるような政府の対応に日本中が再び恐怖をあじあううことになってしまいました。一帯今の政府は世の中を混乱させることに快感を感じているのでしょうか?バカでもこんなことはしないというような理解不能な行政に国民の多くは怒りを通り越して絶望感を感じているのではないでしょうか。
 医療崩壊の危機が迫っているというのに皆さん感染しないように注意してくださいだと??みんなが役に立たないからいらないというマスクをさらに追加して配るだと??旅行に行けだと、家族旅行は安全だと??飲み食いに行けだと??
 今やるべきは一刻も早く感染者を見つけて隔離し、感染を防止することじゃないのか?国民の命より利権のほうが大事だというのだろうか。感染者の隔離場所がないから家にいろだと。家庭内感染が広がっているというのに一番濃厚接触をする家に隔離?
 日本のPCR検査は世界157番目でバングラディッシュより下。あのブラジルでさえコロナ専用病院を緊急に作っているのにこの国では病院のベッドを開けておけと無責任極まりないことを言って医療崩壊以前に経営破綻で病院をつぶしている。旅行や飲み食いのお金は数兆円もあるというのに。

 でも、これを選んだのは国民です。

 書いていてむなしくなってくるばかりです。今朝は曇りながら東の空に帯状の隙間ができていました。日の出直前にそこが赤く染まり始めるとみるみる空一面を赤く染め上げていきました。暗い今の日本もまたいつか日が差す日が来るでしょう。今度は選択をまちがえないようにしてほしいと願うばかりです。

【タイムラプス映像】