丹沢山麓でのんびりフォトライフ

Category撮影機材 1/3

星景撮影用の光害低減フィルターの効果

 私の撮影フィールドである富士、箱根、丹沢周辺で星景写真の撮影をする場合、街の明かりなどの人口光の影響を受けてなかなかクリヤな星空の撮影ができません。特に神奈川県では人口光の影響を受けないところは丹沢山中以外皆無といっていいほどです。そこで星景や夜景撮影用の光害を低減するフィルターを購入しましたのでその効果を試してみました。 光害低減フィルターは多くのフィルターメーカから販売されていますが購入した...

  •  0
  •  -

タイムラプス撮影用の回転雲台 genie mini

 最近は花の撮影が少なくなり替わってタイムラプスの撮影が多くなってきました。タイムラプス映像の撮影はこれまでの撮影機材だけで撮影ができますし、映像化するソフトもフリーソフトでできますので特に新たに用意する機材は不要です。ところがYuoTubeなどで見るタイムラプス映像はドーリー(スライダー)使って移動しながら撮影したり、パン(水平回転)やチルト(上下回転)を組み合わせて素晴らしい映像に仕上げています。出...

  •  0
  •  -

ニコンのフルサイズミラーレスZ7/Z6発表

No image

 8月23日にニコンからフルサイズのミラーレスカメラが発表されました。現在私は花用にソニーのα7Ⅱ、風景用にα7RⅢを使用していますがその前はニコンの一眼レフD610を使用していました。現在もレンズを数本保有していますのでタイムラプス撮影などでたまに使用しています。しかし一眼レフは重くて大きく、老眼でファインダーでのピント合わせが困難になってしまい2015年にソニーのミラーレスに移行しました。 新しいニコンのミラー...

  •  0
  •  -

新しいレンズ(タムロン SP 15-30mm)試し撮り

 花のシーズンも終わりこれからは風景撮影がメインになります。特に夜景や星空の撮影が多く、このために明るい広角レンズが必要です。しかし星空撮影に使えるレンズはソニーのSEL1635Zしかなく、これまでこのレンズ一本で星空撮影をしてきました。しかしF4と暗いレンズのためISO感度は1600が限界でした。現在メインで使用しているソニーのα7ⅡではISO1600だとかなりノイズが目立ちます。 そこで思い切って広角の明るいレ...

  •  0
  •  -

マクロレンズ比較

 現在メインで使用しているマクロレンズはソニーのFE 90mm F2.8 Macroですが、キヤノンのEF100mm F2.8Lマクロと少し古いですがタムロンのSP AF90mm F/2.8 Di MACRO を所有しており一かこの3本の画質を比較してみたいと思っていました。そこで今日ソニーのα7Ⅱを使ってこの3本でスミレの花を撮り比べてみました。 撮影はすべて解放絞り(F2.8)で、三脚に固定してマニュアルフォーカス。ピントは花弁の中心付近の紫色の筋模様にあ...

  •  0
  •  -