丹沢山麓でのんびりフォトライフ

Archive2015年08月 1/1

九州の湿地に咲く花

 九州から帰ってすでに一週間が過ぎ、あっという間にすっかり秋らしくなってしまいました。今回の九州の旅では大分県、宮崎県、熊本県と佐賀県の湿地を訪れましたのでそこで見られた花を紹介します。 大分県の長者原湿原は九州を代表する湿原で花の種類も多く過去にも何度も訪れているところです。今回は到着したときは強風、濃霧、小雨とこれ以上悪い条件はないというような最悪な状況で、こんな状況で湿原を歩いているバカは私...

  •  0
  •  -

ヤツシロソウ

 今回の九州の旅のもう一つの目的はキキョウ科のヤツシロソウの花を捜すことでした。この花はかっては阿蘇地方に広く分布し盆花として一般的に用いられてきました。しかし、最近では自生地は次々に消滅し今や絶滅の危機に見舞われています。 こんな珍しい花ですから探すのもとてもむつかしく、事前に候補地を数か所絞り込んで出かけました。現地に到着しさっそく候補地を捜しましたが全く見つけることができません。現地で他に可...

  •  0
  •  -

サクララン

 先週ははるばる九州まで出かけ、以前からぜひ見たかったサクラランの花探しをしてきました。サクラランはガガイモ科の熱帯性のつる植物で、日本では主に屋久島以南に自生しています。ところが九州南部のごく一部にも自生しておりその花を探しに行ってきました。 自生地に到着して花があるという場所を探したのですが花は全く見つかりません。時期的には間違いないのですが辺りにあるつる植物の葉を調べたりしましたが残念ながら...

  •  0
  •  -

レンゲショウマ

 数ある花の中で私が最も美しいと思う花はレンゲショウマです。決して華やかでは有りませんが、その形とどちらかといえば地味な色ですが外側のやや透明感のある白い色と中心部の花弁の先端にかけての美しく変化する紫色のグラデーションがとても気品があり優雅な感じを受けます。たとえて言うなら、さしずめ森の貴婦人とでもいったところでしょうか。この淡い柔らかな色の変化と控え目な色彩がなんとなく日本人の奥ゆかしさや優し...

  •  0
  •  -

御嶽山の高山植物

 昨日は昨年の噴火以来入山規制が続いている御嶽山へ高山植物を見に行ってきました。もちろん入山規制中ですから山頂へは行かず山麓のみです。 樹林帯のなかではカニコウモリがたくさん見られます。今は開花直前で山ではそろそろ秋の花への交代が始まっています。全体的に花は少なかったですがセリバシオガマやコイチヨウランが見られました。咲き始めたカニコウモリ (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)セリバシオガマ (SONY α7Ⅱ F...

  •  0
  •  -

鳥海山の高山植物

 先週末山形・秋田県にある鳥海山へ行ってきました。当日は強風と濃霧という悪コンディションで花の撮影には最悪でした。でもこの山でしか見ることができないというチョウカイアザミとチョウカイフスマを何とか見たい一心で鉾立から登山を開始しました。石畳のとてもよく整備された道が続き、しだいに高山植物の種類も多くなり賽の河原辺りからは高層湿原になり種類も量も一気に多くなります。 御浜(おはま)神社からは道は岩場...

  •  0
  •  -