丹沢山麓でのんびりフォトライフ

Archive2016年06月 1/1

霧ケ峰に咲く花

 ここのところ週末前後になると一時的に天気が良くなるので、今週月曜日の晴れ間を利用して霧ケ峰へ初夏の花探しに行ってきました。目的はカラフトイバラというハマナスに似たバラ科の花でヤマハマナスとも呼ばれます。淡紅紫色の、ハマナスに比べやや小型の花をたくさんつけます。またハマナス同様、とてもいい香りがしますので花より先に香りで花の存在が分かるほどです。 カラフトイバラはその名からもわかるように北方系の花...

  •  0
  •  -

富士山麓の花

 このところ毎日雨でずっと家に閉じこもりっぱなしでいささか窒息気味でしたが今日はやっと晴れました。そこで久しぶりに富士山麓へ花探しに行ってきました。 今年は花の開花がずいぶん早いのでひょっとして富士山も早いかと思いましたが、それほどでもないようでまだ夏の花はほとんど咲いていませんでした。でも丹念に探すとすこし咲きはじめの花も見られましたので例年より多少早いようです。でも残念ながら今日も目的の花を見...

  •  0
  •  -

戦場ヶ原の花

 数年前北海道でハルカラマツを見たのですがすでに盛りは過ぎほとんど花は散っていました。そこで昨日は日光の戦場ヶ原までハルカラマツの撮影に行ってきました。 今年は花の咲くのが例年よりかなり早いので、いつもならまだ花は咲いていないこの時期に行くことにしました。でも、いつもの年なら月末か来月初めが満開なのにこんなに早く行って花が咲いているか不安でした。 戦場ヶ原は春の花がすっかり終わり夏の花が咲きそろう...

  •  0
  •  -

目覚めると朱色の世界

 今朝4時半ごろ目覚めて窓を見ると外が一面朱色に染まっています。急いでカメラを持って外に出ると東の空は一面朱色に染まり、周囲は朱色と黒だけの不思議な世界でした。梅雨時には時として素晴らしい朝焼けや夕焼けが見られることがありますがすっかりこのことを忘れてしまっています。起きるのが30分早ければと悔やまれます。(Fuji X-E1 XF18-55mm)...

  •  0
  •  -

弘法山のオカトラノオ群落消滅

 2~3日前から体調がすぐれないのですが、家にじっとしているのもよくないと弘法山へオカトラノオの群落を見に行ってきました。ところが一面のオカトラノオは一本残らずすべて刈り取られ、そのあとにモミジの木が植えられていました。数年前から弘法山と権現山一帯の管理が大きく変わり、草花はヤマユリ以外はすべて刈り取られ、この一帯にあった貴重な野草の多くが消滅してしまいました。いままでたくさんの草花があったところは...

  •  0
  •  -

丹沢の沢筋に咲く花

【お詫び】ハコネハナヒリノキを食べられると間違った記述をしてしまいましたが、ハコネハナヒリノキは全草有毒ですので絶対に食べないでください。 今日は天気がいいので三つ峠へ以前撮影した花の撮り直しに行くため家を出ましたが、どうも体調がすぐれず途中で西丹沢の沢筋で花探しに変更しました。 そろそろ夏の花が咲き始めているかと思いましたがまだ少し早く、花はあまり見られませんでした。でもところどころにまだ咲き残...

  •  0
  •  -

梅雨の晴れ間に箱根で花散策

 今日は朝から梅雨を忘れるような晴天でしたので、5月24日に箱根で見た小型のホウチャクソウが何なのかずっと気になっておりその確認に行ってきました。 このホウチャクソウは外見はチゴユリ、花はホウチャクソウでヒメホウチャクソウかと思うのですが、分布域が少し異なるので確信が持てません。ひょっとして途中で草刈りにあい、伸びきらない状態で花をつけたのかなとも考えましたが、草刈りが行われていないところでも見られ...

  •  0
  •  -

谷川岳で花探し....のはずが

 関東以西が梅雨入りし、しばらくはうっとおしい日が続くかと思ったらいきなり翌日は晴天。6月に入るといよいよ高山植物シーズンの幕開けです。そこで昨日は谷川岳まで高山植物を探しに行きました。谷川岳といっても登山目的ではないのでここは楽してロープウエーで天神平まで行き、そこから散策をするつもりでした。 ロープウエーは8時からなので8時少し前に乗り場に行くとドアが閉じたままです。おかしいなと思ってふと入口に...

  •  0
  •  -

今年最後(多分)のテンナンショウ探しとSL撮影

 昨日は静岡県へミヤママムシグサというテンナンショウを探しに静岡県まで行ってきました。ミヤママムシグサはあまり知られていないテンナンショウで、インターネットを調べてもあまり紹介されていません。そのため私のような素人には同定はむつかしいのですが少ない情報を頼りに探しに出かけました。 現地に到着するとマムシグサはたくさん見られます。どれも一見似ていますが葉の形状、付属体の形状、仏炎苞や舷部の形状などに...

  •  0
  •  -