ヨゴレネコノメとイワボタンの間に

 ここのところネコノメソウの花が続いていますが、丹沢で見られるネコノメソウの仲間にはもう一種類コガネネコノメソウがあります、しかしコガネネコノメソウはまだ丹沢では見たことがありません。理由は他でよくみられるのでわざわざ丹沢で探さないだけです。
 ということで丹沢で見られるネコノメ探しは今日が事実上最後となります。今日見に行ったのはヨゴレネコノメとその変種であるイワボタンです。両者はとてもよく似ていますが、葯(雄しべの先端)の色が、ヨゴレネコノメは赤色ですが、イワボタンは黄色です。そのほかに萼片や花の中心部がヨゴレネコノメは普通灰褐色ですが、イワボタンはやや黄緑色から黄色を帯びます、葉の色もヨゴレネコノメはふつうは灰褐色ですが、イワボタンは濃緑色です。
 ところがこの2種類は同じ場所で見られることがあり、その中には両者の交雑種とみられる中間的なものがあります。葯の色がオレンジ色で赤に近い濃い色から黄色に近い淡い色までいろいろあります。このオレンジ色の花を見ると一体どちらに分類すればいいのか悩んでしまいます。まだこの種類が学名として登録されていないので、自分ではタンザワネコノメと呼んでいます。丹沢では数か所で見ておりそれほど珍しくもないので、おそらく全国各地でも見られるのではないかと思われます。しかしインターネットを見ても紹介されておらず見逃されているのでしょうか。

混生
ヨゴレネコノメとイワボタンの混生 (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)
左側はイワボタン、右側はヨゴレネコノメで、中央部は両者と中間種が混在して見られます。

混生
両サイドはイワボタンで中央はヨゴレネコノメ (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)

■■ヨゴレネコノメ■■
ヨゴレネコノメ
ヨゴレネコノメ (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)

ヨゴレネコノメ
ヨゴレネコノメ (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)

■■イワボタン■■
イワボタン
イワボタン (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)

イワボタン
イワボタン (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)

ヨゴレネコノメとイワボタンの中間的なタイプで葯の色が濃いオレンジから淡い黄色に近いオレンジ色までいろいろなタイプがあります。
■■中間的なタイプ■■
タンザワネコノメ
ヨゴレネコノメに近いタイプ (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)

タンザワネコノメ
中間的なタイプ (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)

タンザワネコノメ
イワボタンに近いタイプ (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)
Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply