九州の滝めぐり

★大分県の滝
大分県は耶馬溪という険しい地形があるため滝が多く、日本を代表する落差の大きな滝や滝滑りができるようないろいろな滝があり滝めぐりにはとても楽しいところです。この地域を代表するのは日本の滝百選に選ばれている西椎谷の滝と東椎谷の滝でしょう。今回は残念ながら東椎谷の滝は通行止めで行くことができませんでしたが両方の滝とも落差の大きな直瀑です。

西椎谷の滝
日本の滝百選い選ばれている落差86mの「西椎谷の滝」 (Nikon D610 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

竜門の滝
左の滑滝では滝滑りもできる「竜門の滝」 (Nikon D610 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

余の滝
複雑な岩壁を流れ落ちる美しい「余の滝」 (Nikon D610 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

由布川峡谷
大分県の南部、由布川峡谷には多くの滝がある (Nikon D610 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

★熊本県の滝
熊本県には日本の滝百選にばれるような有名な滝もあるが今回は特に予定していなかった。ところが移動途中に立ち寄った道の駅が有名な通潤橋のある場所でその近くに五老ケ滝という滝がある。落差50mほどの直瀑で、正面のつり橋から眺めることもできるが滝壺まで降りることもでき滝壺から見る滝は水量も多く迫力がある。

五老ケ滝
五老ケ滝 (Nikon D610 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

★鹿児島県の滝
鹿児島県は有名な霧島周辺に多くの滝が集中している。

関之尾滝
関之尾滝 (Nikon D610 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)
落差は18mほどしかないが水量が豊富で豪快な滝です、一帯は観光地として遊歩道や滝見物のつり橋などが整備されている。

丸尾滝
丸尾滝 (Nikon D610 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)
道路わきにあるため通りがかりの観光客も多い。ただ他の滝に比べやや物足りない感じがする。

桐原の滝
桐原の滝 (Nikon D610 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)
桐原の滝は落差10mほどの小さな滝だが今回訪れた滝のなかでは最も美しかった。あいにく曇り気味だったが日が射すと滝に美しい虹がかかる。
Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply