妙義山の岩場に咲く花

 今朝起きると肩が痛いのでなぜだろうと思ったら、昨日妙義山へ行き鎖場で重い体重を必死に支えていたからでした。この場所へは30年以上前にも行ったことがあるのですが、その時はあまり鎖に頼ることもなく恐怖感も全く有りませんでした。しかし30年たった今は「体力激減、体重は激増」で、おまけに高所恐怖症になりビビりどおしで花どころでは有りませんでした。とくに一番花が多くみられるところは無事に生きて降りられるか必死でほとんど下ばかり見ていました。やっと安全なところへ来て崖を見あげると撮りたかった花が遥か彼方に見えます。もう一度行く気にもならず残念ながら今回は消化不良に終わりました。そんな状態で満足な写真は有りませんが見られた花を紹介します。

岩壁に咲く花
岩壁に咲く花 (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)
岩壁にはミョウギカラマツ、ホソバコオニユリ、ヤマユリ、ミョウギシャジン.....など多くの花が咲いている。

岩壁に咲く花
岩壁の花 (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)
岩壁の頭にはホソバコオニユリの花

ミョウギカラマツ
ミョウギカラマツ (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)

ミヤマカラマツ
ミヤマカラマツ (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)
妙義山にはこの他にもミョウギモミジカラマツがあるが残念ながら今回は見られませんでした。

ホソバコオニユリ
ホソバコオニユリ (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)
岩壁の高いところに咲いており近くで見られなかったが、このひと株だけは近くで見られたが花は終わりかけでした。

ミョウギシャジン
ミョウギシャジン? (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)
インターネット上で紹介されている写真を見ると下部の葉は幅広でツリガネニンジンに似ていますが、花と上部の葉は国立科学博物館の標本にかなり似ています。

ヤハズハハコ
ヤハズハハコ? (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)
この山にはクリヤマハハコしかないということですがヤハズハハコのような気がします。写真をいい加減に撮ってしまったのが悔やまれます。

マルバマンネングサ
マルバマンネングサ (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)

 今回初めて新しく購入したソニーのカメラを使用しましたが、こまめに電源スイッチを切るなどして節電に努めましたがわずか75枚ほどで15%まで減ってしまいました。なにか設定に問題があるのかこれではとても一日の撮影には使えません。ただ0%になってもかなり粘るので今度は電池が完全に切れるまで試してみようと思います。
 電池は大いに問題ですが、画質やピント合わせはEVFのおかげでとても楽になりました。しかし、マニュアルフォーカスすると自動で拡大されるのですが、ピント位置を設定した場所が拡大されるので一々ピンと位置を移動させなければなりません。カスタマイズで少し使いやすくできるかもしれませんのでも一度マニュアルを読み直してみます。
Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply