サクララン

 先週ははるばる九州まで出かけ、以前からぜひ見たかったサクラランの花探しをしてきました。サクラランはガガイモ科の熱帯性のつる植物で、日本では主に屋久島以南に自生しています。ところが九州南部のごく一部にも自生しておりその花を探しに行ってきました。
 自生地に到着して花があるという場所を探したのですが花は全く見つかりません。時期的には間違いないのですが辺りにあるつる植物の葉を調べたりしましたが残念ながらサクラランは見つけることができません。はるばる九州の先まで来て見つけられずとても悔しいですがあきらめることにしました。
 翌日は昨日の雨も上がり日がさしています。どうしてもあきらめきれず朝もう一度探してみることにしました。昨日は暗かったのですが今日は日もさしており明るかったのですがやはり見つけることはできません。あきらめきれずこれが最後と自生場所とされるところ以外のところを捜すと、少し離れていますが白いものが見えます。カメラの拡大画面で見るとなんと探しているサクラランでした。

サクララン
サクララン (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)
つる性のため木に着生しツルの途中に球状の美しい花をつけます。

サクララン
サクララン (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)

サクララン
サクララン (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)
多数の小さな花を均整の取れた球状につけます。あまりの美しさに手のひらに載せてみたくなります。余計な枯れ枝が入ってしまったのは残念です。
Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply