紅葉真っ盛りの乗鞍高原と平湯

 先週乗鞍高原と平湯へ紅葉と滝の撮影をしようと家を出たら、突然車の警告ランプが点灯し販売店で点検してくださいという表示が出ました。仕方なく出かけるのを中止し翌日販売店で点検修理をしました。土日は出かけたくないので月曜日に再度出かけることにしました。
 バカ高い高速料金を節約するため夜の国道20号線を走り朝7時ごろ乗鞍高原に到着しました。今年は夏場から9月にかけて雨が多く天気のいい日が少なかったので紅葉はあきらめていましたが、それでも天気のよさに助けられ一面の紅葉に包まれた中にいるとまるで別世界にいるようで気分が高揚します。

乗鞍高原の紅葉
乗鞍高原の紅葉 (Nikon D610 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 乗鞍山頂に向かう道路を進むとやがて三本滝の駐車場に到着します。ここから15分ほど行くと日本の滝百選にも選ばれている三本滝が現れます。この滝は名の通り三つの滝が並びそれぞれに特徴があります。一番左の滝は細い滝で最後は細い糸を引くように落ちていきます。二番目は水量多く豪快な滝で、三番目の滝は幅が広く幾筋もの流れが岩の上を流れ下っていきます。

三本滝
三本滝 (Nikon D610 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 三本滝を後に再び乗鞍高原まで下り白骨温泉へ向かいます。三本滝から下るに連れ再び紅葉が美しくなります。行きはまだ日が差していなかったのでそれほどきれいではなかった紅葉も日が差し別の景色を見るように鮮やかになってきました。

乗鞍岳
乗鞍岳 (Nikon D610 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 白骨温泉に向かう林道に入り高度を下げていくと紅葉は次第に鮮やかになり赤い色も増え色彩豊かになってきます。やがて下の方に白骨温泉が見えてきます。

乗鞍岳
林道から見る景色。稜線は乗鞍岳、下の建物が白骨温泉 (Nikon D610 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 計画では白骨温泉から安房峠へ抜ける林道があるのでこの道を行こうと思っていましたがなんと通行止めです。もう20年以上昔、新島々からバスで新穂高へ行くときに安房峠が通行止めになりバスは白骨温泉からこの道を通って安房峠の途中に出ました。そのときの思い出をたどることもあって行きたかったのですが残念です。仕方なく白骨温泉から再び沢渡近くへ戻ります。
 再び国道158号線に出ると朝とは景色が一転し道の両側はとても紅葉がきれいです。車を止められるところがあれば止まっては紅葉の写真を撮りながら中ノ湯から安房峠に向かいます。

県道300号
白骨温泉から沢渡に向かう途中の紅葉 (Nikon D610 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

沢渡付近の紅葉
沢渡付近の紅葉 (Nikon D610 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

沢渡付近の紅葉
沢渡付近の紅葉 (Nikon D610 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 中ノ湯から平湯へは現在は安房峠を通らなくてもトンネルで一気に抜けることができますがかっては安房峠しかありませんでした。急カーブの狭い道で昔は対向車があると大きな車は曲がり切れず大変な道でした。でも今回はあえてこの安房峠を通ることにしました。無料で紅葉と穂高の絶景が楽しめるのにわざわざお金を払って何も見えないトンネルを通るメリットはありませんので。

安房峠途中からの景色
安房峠途中からの景色。遠く前穂高、明神、右は霞沢岳 (Nikon D610 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

安房峠からの穂高
安房峠からの穂高 (Nikon D610 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 安房峠を下ると平湯温泉に到着。さっそくすぐ近くにある日本の滝百選にも選ばれている平湯大滝の撮影に向かいます。有料駐車場の手前の無料駐車場から7~8分ほど遊歩道を歩くと滝が現れます。でも残念なことに時刻が昼頃で滝は完全に逆光です。

平湯大滝
平湯大滝 (Nikon D610 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)
Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply