満開の秦野市内の桜並木

 秦野市内を走る道路には桜並木が多く、特に県道62号線、通称産業道路と呼ばれる直線道路、それに市の中心を流れる水無川両岸の桜並木はその距離も長く、今満開を迎えそろそろ散り始めています。今朝はまだ車が少ない早朝にこれらの桜並木を走りドライブレコーダで撮影してきました。ただ天気が晴れてはいたのですが雲が多く、本来なら丹沢や富士山を見ながら桜のトンネルを走ることができたのですが桜のみとなってしまいました。


【県道62号線の桜並木】

 東名秦野インターに近い西大竹から平沢の国道246号線交差点までの県道62号線にはづっと桜並木が続きます。特に天気がいい日には桜の上には富士山が見られます。

県道62号の桜並木




【(通称)産業道路の桜並木】

 県道62号線からR246交差点を過ぎると、通称産業道路と呼ばれる4車線の直線道路になります。道幅が広いので桜のトンネルにはなりませんが立派な桜並木が続きます。途中で産業道路は終わり2車線の道路になりますがその先も桜並木は続きます。

産業道路の桜並木




【水無川沿いの桜並木】

 市の中心を流れる水無川の両岸の桜並木で、右岸はソメイヨシノ、上流の左岸はしだれ桜の並木が続きます。

水無川沿いの桜並木
Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply