連休前半は東日本花探しの旅

 連休前半の3日間を利用して茨城県、栃木県、福島県、宮城県と新潟県へ花探しに行ってきました。最近の花探しは一か所一種類が定着してしまい、あちこち出かけても新しい花に出会えるのはほんの数種類だけです。今回は大体場所の特定ができているので確率は高いのですが現地に行くと予想と大違いということはよくあります。今回もすんなりと花と対面とはいきませんでした。

 最初は茨城県のとあるところにあるセンダイタイゲキを探しに行きます。ここはかなりピンポイントで場所が分かっていたのですぐに撮影して次の目的地に移動する予定でした。ところが目的の花を見逃し2時間以上探しまわる羽目になってしまいました。

センダイタイゲキ
センダイタイゲキ (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)

 だいぶ時間を浪費してしまいましたので急いで次の目的地渡良瀬遊水池に向かいます。カーナビの案内で目的地に近付くと道がとても狭くなります。なんでこんな道を通るのか不安になりましたが案の定行き止まりです。このカーナビはこれまでも何度もとんでもないところに誘導するので不安でしたが今回もとんでもないところに誘導され10キロ以上大周りする羽目になりましたがなんとか目的地に到着。ところが車を降りると台風並みの強風です。花はすぐ見つかりましたが撮影には苦労しました。
 予定の時間は大幅に遅れこの後の目的地をあきらめるか迷いましたがとりあえず行ってみることにしました。ところが現地に到着するころには雨です。ゆっくり花探しをする時間もありませんので本命の場所へ行けず近くで探してみましたが見つけることができません。そうこうしているうちに雨はあられに変わり、手はかじかみまるで真冬の寒さです。

エキサイゼリ
エキサイゼリ (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)

 翌日朝ホテルを出ると周りの山は新雪で真白です。本来なら新緑で覆われているはずの山が真冬の景色に変わってしまいました。今日は東北高速を走り福島県と宮城県へ向かいます。宮城県ではトウゴクサイシンを探します。トウゴクサイシンはこれまでウスバサイシンとされてきましたが、関東北部から東北地方で見られるものはトウゴクサイシンという別種に分類されました。さいわい想定していたところですんなり見つけることができましたが、時期がすでに遅いのか花がありません。かろうじて2~3株見つけることができましたが撮影条件が悪く機会があれば再度挑戦したいと思います。

トウゴクサイシン
トウゴクサイシン (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)

トウゴクサイシン
トウゴクサイシンの花 (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)
ウスバサイシンとの違いの一つは筒部の凹凸がウスバサイシンのようにはっきりしていません。

 福島県に移動しアブクマトラノオを探します。アブクマトラノオは写真で見るとハルトラノオに似ていますが実際には花も葉も大きさもだいぶ異なります。この花もほぼ場所が分かっていましたがその場所がどう行けばいいのか分からず付近をだいぶうろうろしましたがどうやら間違いなさそうです。ところが肝心の花が見られません。行けどもいけども花は現れずとうとう山頂まで来てしまいました。どうやら見逃してしまったようで同じ道をもう一度探しながら下っていくとありました。見逃しようがないような場所で見てくださいと言わんばかりに咲いています。見つけた喜びより自分の観察力の無さに落胆してしまいました。

アブクマトラノオ
アブクマトラノオ (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)

 3日目は新潟でエチゴルリソウ探しです。この花もほぼ場所はわかっているのでまず大丈夫だろうと思いつつ現地に到着しました。朝からの小雨がほんぶりになりなんとなく気分は重かったのですがエチゴルリソウ見たさに出発しました。ところがどこにも目的の花はありません。周辺もかなり広範囲に探しましたが全く見つけることができずあきらめて帰ることにしました。ルリソウやヤマルリソウハ比較的広い範囲にあり、とくにヤマルリソウはどこでも見られるのでエチゴルリソウも簡単に見つかると思っていましたが、ずいぶん狭い範囲にしかないようです。

Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply