朝霧に覆われた秦野盆地の夜明けとダイヤモンド富士

 今朝は5時ころ起きて外を見ると霧が立ち込めている。でも空には月や星が見えるのでひょっとして朝焼けになるかもしれないと渋沢丘陵へ出かけた。しかし東の空には低い雲が立ち込め残念ながら朝焼けは見られなかった。しかし雲が切れ始めると秦野盆地に立ち込めていた朝霧に朝日が射し込み、あたり一面はセピア色につつまれた。まるで古い時代の写真を見るような幻想的な景色でタイムスリップしたようだった。

セピア色
朝日が射すと一面セピア色に変わる (Nikon D600 NIKKOR 70-200mm f/2.8G)

 立ち込めていた霧は次第にはれ、これまで霧に隠れていた丹沢の山が次第に姿を現し始めた。今日はこの間の光景をタイムラプス撮影(微速度撮影)をしていたので帰ってから一日がかりで動画を作成しYouTubeに登録した。

大山
霧が晴れ大山の姿が現れた (Nikon D600 NIKKOR 24-120mm f/4G)

高取山
朝もやの中から現れた秦野市の中心部 (Nikon D600 NIKKOR 24-120mm f/4G)


渋沢丘陵から秦野盆地の朝

 まだ作業がすべて終わらないうちに夕方になってしまった。今日はダイヤモンド富士が見られるので作業途中のままカメラを担いでいそいで撮影に出かけた。今日は朝から休む暇もないほどの大忙し。今日は強風が吹いたおかげでこの時期としては空気がとても澄んでいて富士山もはっきり見える。しかし山頂近くに大きな雲がありダイヤモンド富士が見られるか不安ではあったが無事見ることができた。

ダイヤモンド富士
富士山大噴火 (Nikon D600 NIKKOR 70-200mm f/2.8G)

炎の富士
炎を吹く富士 (Nikon D600 NIKKOR 70-200mm f/2.8G)

Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply