アポイ岳の花

 アポイ岳はこれまで5月、6月、9月と3度訪れていますが夏のシーズンはまだ一度も行ったことがなく、今回やっと念願かなって最盛期の多くの高山植物を見ることができました。
 特にこれは見たいと思っていたホソバトウキ、エゾサイコ、ヒメエゾネギ、ヒメシラネニンジン、エゾルリムラサキ、エゾシャクナゲ、サマニオトギリ、アポイツメクサ、チャボヤマハギのうちチャボヤマハギ以外はすべて見ることができとても素晴らしい山あるきでした。

ホソバトウキ
ホソバトウキ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

ヒメシラネニンジン
ホソバトウキ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

ヒメエゾネギ
ヒメエゾネギ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

アポイツメクサ
アポイツメクサ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

エゾルリムラサキ
エゾルリムラサキ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)
今回最も見たかった花。姿も花の色もとても可憐で美しい花です。

サマニオトギリ
サマニオトギリ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

エゾサイコ
エゾサイコ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

アポイマンテマ
アポイマンテマ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

エゾコウゾリナ
エゾコウゾリナ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

エゾシャクナゲ
エゾシャクナゲ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)
本名はウラゲハクサンシャクナゲといい、その名のとおり葉の裏に毛が密生します。アポイ岳では登山口から山頂まで見られますがその姿は同じ花かと思うほど異なります。登山口辺りでは樹高が2メートル以上ありますが山頂辺りでは30~40センチほどしかありません。

襟裳岬方面
稜線から襟裳岬方面  (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

浦川方面
稜線から浦川方面  (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

吉田岳方面
山頂付近から吉田岳方面  (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)
Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply