富士周辺に咲く夏の花

 今年の夏は天候不順で山へ出かける回数も例年に比べるととても少なかったのですが、この夏富士山周辺の山で見られた花を紹介します。

レンゲショウマ
レンゲショウマ (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)
毎年夏が来るとこの花が見られるのが楽しみです。とても優雅で品のあるこの花を今年も見ることができました。

コオニユリ
コオニユリ (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)
レンゲショウマとは対照的に、これぞ夏の花といわんばかりの鮮やかなオレンジ色の花は広い草原でもひときわ目立ちます。

マルバダケブキ
マルバダケブキ (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)
一面のテンニンソウの中に黄一点、これも夏を代表する花です。

キセワタ
キセワタ (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)
白に赤、これもきれいな花キセワタです。花冠が綿のような毛でおおわれているところからキセワタと呼ばれるのでしょうか?

イヌゴマ
イヌゴマ (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)
イヌゴマは本来は淡紅紫色ですがこの花は完全ではないですがほぼ白色なのでシロバナイヌゴマでしょうか?

シロバナアキノタムラソウ
シロバナアキノタムラソウ (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)
アキノタムラソウの白花です。

タカクマヒキオコシ
タカクマヒキオコシ (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)
シソ科の花はよく似た花が多く、見分けるのが難しいですが、これは葉の形状からタカクマヒキオコシだと思います。

コウシンヤマハッカ
コウシンヤマハッカ (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)
タカクマヒキオコシにとてもよく似た花が同じ場所に咲いていました。こちらは葉の形からコウシンヤマハッカだと思います。

ジャコウソウ
ジャコウソウ (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)
シソ科の中では異色のジャコウソウ。いい香りがするところからジャコウソウと呼ばれるようですが、実際にはほとんど香りは無いようです。ちなみにジャコウは一般にはムスクといわれる香料で、アジア中央高地周辺にいる雄のジャコウジカの袋の中にあります。

カイフウロ
カイフウロ (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)
富士五湖周辺の山に多く見られる地域限定のフウロソウです。花弁の模様がとてもきれいです。

タチフウロ
タチフウロ (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)
名前からするとすっくと立ち上がっているように思いますが、実際は茎が長く伸び、他の植物によっかかったり横に倒れて延びます。

ヒキヨモギ
ヒキヨモギ (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)
鮮やかな黄色のきれいな花です。花だけ見るとキバナアキギリに似ておりシソ科の花かと思ってしまいますが、実際は半寄生植物で最近のAPG分類ではハマウツボ科に分類されています。

ホソバソバナ
ホソバソバナ (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)
普通のソバナに比べ葉がとても細いです。

タンザワイケマ
タンザワイケマ (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)
丹沢と富士周辺に見られる花です。通常のイケマの萼片は反り返りますがタンザワイケマは反り返りません。

アザミ
トネアザミ? (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)
普通トネアザミは9月末ごろ咲き始めますが、8月の半ばでもう開花しています。不思議なことに同じ株に淡紅紫色と白色の花が咲いています。

キキョウ
キキョウ (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)
秋を代表する花。団子と満月がほしくなります。
Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply