東北秋の花旅(山形県)

 青森県の撮影を終え秋田で一泊し山形県へ向かいます。だいぶ距離があるので山形県で目的の場所を回れるか心配でしたが、秋田市を出るとすぐ無料の自動車道が象潟まで利用できずいぶん早く到着できました。山形県ではエチゴトラノオ、ショウナイオオカニコウモリとウゼンヒメアザミはぜひ見たいと思っていましたがエチゴトラノオはすでに花が終わっておりガッカリ。でもショウナイオオカニコウモリは最初場所を間違え、いくら探しても見つからずあきらめて帰る途中に本来の場所にたどりつき探していたショウナイオオカニコウモリをみられました。
 ウゼンヒメアザミは昨年も探しましたが見つからず再挑戦です。この花はすでに絶滅したとも言われておりここに有るかは半信半疑で今でも自信がありませんがなんとかそれらしき花を見ることができました。でも資料が少なく今でも確信が持てません。

ダキバヒメアザミ
ダキバヒメアザミ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)
場所を間違えて探したところで見かけたダキバヒメアザミ。

ショウナイオオカニコウモリ
ショウナイオオカニコウモリ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)
オオカニコウモリそっくりですが全体やや大きく、葉の形状や花などに少し違いがありますが見分けるのはなかなか難しいです。

ショウナイオオカニコウモリ
ショウナイオオカニコウモリの花 (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)
カニコウモリに比べ総苞は長く総苞片の先端は鋭く尖るのが特徴です。

ウゼンヒメアザミ
ウゼンヒメアザミ? (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

ウゼンヒメアザミ
ウゼンヒメアザミ? (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

ウゼンヒメアザミ
ダキバヒメアザミ? (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

現地には複数のアザミがあり、その中で見かけたウゼンヒメアザミではないかと思われる個体です。葉の形状、つきかたなどは一致するのですが頭花は小型である点は一致するのですが総苞片が典型的な形状と少し違うかなと思われます。しかし別の個体では総苞は典型的な形状をしているのですが葉の形が少し違っています。個体数が少なく判断に迷います。

【撮影:2016/09/15】
Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply