西日本秋の花旅(中国地方)

 昨日久しぶりに丹沢の林道で花の撮影をしているときに突然上空から轟音が聞こえてきました。何の音だろうと上空を見るとオスプレイです。今沖縄ではオスプレイのヘリパットが住民の反対を力づくで押しのけて建設されています。毎日この轟音にさらされながら生活するのはとても耐えがたいことだろうと思います。日本政府は日本国民を犠牲にしてまで米国のご機嫌どりに終始しています。こんな国って民主国家といえるのでしょうか。
 今日フィリピンのドゥテルテ大統領が日本を訪問しますが、彼の言動には大きな問題がありますがはっきり米国にノーを突きつけました。これには米国も最初は強気でしたが態度を一変させ懐柔策に出ざるを得なくなりました。強いものにペコペコする大国はバカにされ軽視されますが、小さくても自国や国際社会のため断固とした態度を示す国は尊敬され重視されるのではないでしょうか。

 中国地方は岡山県を振り出しに広島県、島根県、山口県と周りましたがどこも花は終盤でアザミが中心でした。岡山県では渓谷沿いでビッチュウアザミやミツバベンケイソウ、アキチョウジ、シロヨメナなどが見られました。鯉が窪湿原では入り口付近でミコシギクがたくさん見られましたが、奥に入るとほとんど花終わっておりキセルアザミ、ミヤコアザミやビッチュウフウロなどが少し残っているだけでした。
 広島県では標高の高いところでは例年ならまだ花が見られはずでしたが残念ながらほとんど終わっていました。標高の低いところでは少し花が見られたのですがやはりアザミがほとんどでした。
 島根県では三瓶山や周辺で花探しをしましたが、三瓶山登山道ではアザミやマツムシソウ、ホソバノヤマハハコ、リュウノウギク、ヤマラッキョウなどまだ多くの花が見られました。
 最後の山口県は秋吉台のみでしたが、チョウシュウアザミやアキヨシアザミなどの新しく登録されたアザミやヒメヒゴタイなどが草原に比較的多く見られます。

ビッチュウアザミ
ビッチュウアザミ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

ミツバベンケイソウ
ミツバベンケイソウ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)
葉は三輪生、対生、互生があります。

ミヤコアザミ
ミヤコアザミ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

ミコシギク
ミコシギク (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

キクバヤマボクチ
キクバヤマボクチ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

タイシャクアザミ
タイシャクアザミ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

ゲイホクアザミ
ゲイホクアザミ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

ヒッツキアザミ
ヒッツキアザミ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

サンベサワアザミ
サンベサワアザミ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

チョウシュウアザミ
チョウシュウアザミ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

アキヨシアザミ
アキヨシアザミ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

ヒメヒゴタイ
ヒメヒゴタイ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

【撮影:2016/10/12~15】
Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply