西日本秋の花旅(九州)

 少し間が空きましたが西日本秋の花旅もいよいよ最終回です。四国、中国は天気にも恵まれ順調にスケジュールをこなしてきましたが、九州に入るといきなり雨と強風、その後もぐづつき気味の天気で気分はやや湿りがちでした。とくに期待していた尾鈴は通行禁止で花探しすらできずがっかりでした。そのあとも途中の国道が通行止めで目的地まで行けず、翌日スケジュール変更してやっとたどり着くことができたりとなかなか順調には行きません。
 鹿児島の大隅半島まで来て、最後の花を見てその足で帰宅する予定でした。山頂まで車で行けるのでカーナビをセットして山頂を目指しましたが、なんと山頂近くで通行止めです。カーナビの地図には無いのですが舗装された林道があるのでその道を行くことにしましたが途中からとんでもない悪路です。さいわい私の車は最低地上高が20センチあるのでなんとか走れましたが、普通の乗用車ではとても無理な道でした。四国、九州の山間部はとんでもない悪路や怖い道があるので国道や県道といえども名前だけで判断するととんでもないことになります。今回も国道278号が通行止めで翌日国道265号を通ったのですが、途中からはすれ違いもできない狭いカーブだらけの道になり1時間ぐらいで行けると思っていたら3時間以上かかってしまいました。もうこの道は絶対に走りたくありません。
 今回の旅は想定外のこともいろいろあり、見たかった花の取りこぼしもありましたが 旅の最大の目的であるヘッカリンドウの花が、少し時期は早かったものの見ることができ、そのほかにも珍しい花を見ることもでき思いで深い旅でした。これで今年の花探しもほぼ終わりましたが年々花探しの旅は難しくなり、また体力の衰えもあり来年以降はどうなることか?

ヤナギアザミ
ヤナギアザミ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)
九州北部の草地に生える小型のアザミで葉がとても細いです。

ツクシアザミ
ツクシアザミ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)
ツクシアザミ、クジュウアザミ、キリシマアザミの3種はよく似ていますが、ツクシアザミは花期に根生葉が有りません。

クジュウアザミ
クジュウアザミ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)
根生葉があるのでクジュウアザミだと思います。

メラモリアザミ
メラモリアザミ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

ヒュウガアザミ
ヒュウガアザミ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

シコクママコナ
シコクママコナ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)
直径30~40センチととても大きい株でした。

ママコナの一種
ママコナの一種 (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)
シコクママコナに似ていますが苞葉に歯牙がなく、唇弁の隆起部分が白く、葉の形状も違い、直立し分枝しないといった違いがあります。ママコナとも、ツシマママコナとも、ミヤマママコナとも、マルバママコナとも違います。

コゴメタデ
コゴメタデ? (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)
とても小さなタデ科の花で写真の株の直径はおよそ5センチくらいです。YListを参考にいろいろ探しましたがコゴメタデではないかと思います。しかしコゴメタデの資料は全くなく、中国のサイトに写真がありそれと似ていますが、,茎の毛などは違っており確信は全く有りません。ご存知の方はぜひ情報をいただければと思います。

ツクシイワシャジン
ツクシイワシャジン (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)
イワシャジンと名がつくので丹沢あたりで見るイワシャジンに似ているかと思いましたが花はとても小さいです。西日本に見られるシャジンの仲間は小型のものが多いのですがなぜでしょうか?

ヘッカリンドウ
ヘッカリンドウ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)
以前から一度は見たかったヘッカリンドウ。この花を見るためにはるばる鹿児島県までやってきました。花は10月の終わりから11月初めが見頃ですので少し早いのですが、日程の制約があり心配していました。でも無事花が見られやっと一つ念願がかないました。

【撮影;2016/10/14~20】
Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply