九州花の旅(その1)

 昨日の午後に家を出て今朝、およそ15時間かかってはるばる九州までやってきました。でも気分が高揚しているせいかあまり疲れていませんでした。
 最初は福岡県南部の山に見られるというヒメウラシマソウです。ウラシマソウを小型にした、まるでふくろうのような顔をした珍しい植物です。最初はいったい本当にこの山にあるのか不安でしたが途中で何とか見つけることができ増した。

ヒメウラシマソウ
ヒメウラシマソウ (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)

この花に先立ってオウギカズラという花を見つけました。オウギカズラ自体は特に珍しいmのではないのですがここで見たオウギカズラはやや濃いとてもきれいなピンク色をしています。

オウギカズラ
ピンク色のオウギカズラ (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)

幸先良く目的の花が見られ気分を良くし次の目的地大分県の九重へ向かいました。ここはこれまでに何度も来ているところですが、今回は2種類の花を見るのが目的。そのうち一種類、ヒメナベワリは過去に見たことがあるが残念ながら花が咲いていなかったので今回はぜひ花の咲いているところを見たい。ところが以前これを見た場所には探しても見当たらずちょっとあせってしまいました。あきらめずほかの場所を探しやっと開花している姿にめぐり合えました。

ヒメナベワリ
ヒメナベワリ (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)

もうひとつはキバナチゴユリという花です。これはいったいどこで見られるのか、どの程度あるのか、まったくわかりません。案の定いくら探しても見つかりません。あきらめてかえる途中、少し歩くコースを変えたらチラッと目に留まるものがありました。なんと探しているキバナチゴユリでした。とてもラッキーでした。花が呼んでくれたようでした。

キバナチゴユリ
キバナチゴユリ (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)

旅の一日目は探していた花がすべて見られとても幸先の良いスタートになりました。でもさすがに今日はへとへとです。
Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply