トウゴクマムシグサ

 昨晩はなかなか寝付けず夜中にパソコン作業をしていましたが、深夜のせいかパソコンの騒音が気になりファンの掃除を始めました。そこからトラブルが芋づる式に重症化し、最後は電源をショートさせ家のブレーカが飛ぶという事態になってしまいました。ブレーカを入れパソコンのスイッチを入れても起動しません。あわれ電源がご臨終です。ファンの掃除がとんでもない結果になってしまいました。

 昨日神奈川県と静岡県へテンナンショウ探しに行ってきました。ところが例年たくさん見られるところが全く影も形も有りません。季節のせいか分かりませんが次々に花が見られなくなっていくのはとても不安です。
 場所を変えて探しましたがトウゴクマムシグサと思われるテンナンショウは見られましたが、以前見られたテンナンショウが全く見られません。後で地図を見たら場所を間違っていました。でもほんの少ししか離れていないのにずいぶん様子が違うのには驚きました。
 結局見られたのはトウゴクマムシグサと思われるものがほとんどで、他にはホソバテンナンショウやムラサキマムシグサと思われるものが少し見られましたがいずれも小さく断定はできませんでした。


【神奈川県で見られたトウゴクマムシグサ】

トウゴクマムシグサ
トウゴクマムシグサ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

トウゴクマムシグサ
紫色のトウゴクマムシグサ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

トウゴクマムシグサ
緑色のトウゴクマムシグサ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)


【静岡県で見られたトウゴクマムシグサ】

トウゴクマムシグサ
トウゴクマムシグサ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

トウゴクマムシグサ
(SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

トウゴクマムシグサ
(SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

 静岡県で見られたものは仏炎苞が垂れさがるものが多く見られましたが、前につき出るものもかなり見られました。一方、神奈川県では見られた個体数はごくわずかでしたが、全体がっしりとして別の種類のようにも見え、仏炎苞の縁が反り返るという特徴や付属体の色(斑紋)の違いがあります。
Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply