石鎚山の花

 先週土日で四国の石鎚山まで花を探しに行ってきました。今回は土小屋から山頂を往復します。このコースは以前途中まで行って目的の花が見つからず引き返してきましたが、今回は山頂までのコースで探している花がほぼ確実に見られそうなので頑張って山頂まで歩きました。
 しかし今年2回目の山歩きはこれまでにないつらいものでした。COPDはだいぶ悪化し少し歩くだけで胸が苦しくなります。ゆっくりゆっくり4時間かけて山頂に無事到着しました。途中で見られた花はちょうど夏の花が終盤で秋の花が咲き始めておりたくさんの花が見られました。

メタカラコウ オタカラコウ
(左)メタカラコウ (右)オタカラコウ
よく似ていますがメタカラコウの花は花弁が少なく不ぞろいですが、オタカラコウは花弁が多くそろっています。またメタカラコウの葉の先はとがりますが、オタカラコウの葉はとがったところがありません。

テバコモミジガサ オオモミジガサ

(左)テバコモミジガサ (右)オオモミジガサ
名前は似ていますが姿形はだいぶ違います。テバコモミジガサの葉はモミジに似た形ですが、オオモミジガサはヤツデのようでとても大きいです。モミジガサとテバコモミジガサはよく似ていて時々迷いますが、テバコモミジガサの葉には光沢がなく葉脈が亀甲模様(縦横方向に葉脈がある)である点で見分けられます。

オオトウヒレン ミヤマトウヒレン

(左)オオトウヒレン (右)ミヤマトウヒレン
オオトウヒレンはたくさんあったのですがほとんどつぼみでやっと開花株を見つけることができました。ミヤマトウヒレンは岩場に咲く小型のトウヒレンです。

シコクフウロ タカネマンネングサ
(左)シコクフウロ (右)タカネマンネングサ

ナンゴククガイソウ オオマルバノテンニンソウ
(左)ナンゴククガイソウ (右)オオマルバノテンニンソウ

ジャコウソウ ヒナノウスツボ
(左)ジャコウソウ (右)ヒナノウスツボ

ミソガワソウ イワアカバナ
(左)ミソガワソウ (右)イワアカバナ

そのほかにもタマガワホトトギス、シラヒゲソウ、ミヤマカラマツ、レイジンソウ、ホソバシュロソウ、ハガクレツリフネ、タカネオトギリ、アキノキリンソウ、オオバヨメナ、コオニユリ、ツルギハナウド、ノダケ、シモツケソウ、、、登山道には花が絶えることがありません。
Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply