北陸地方のアザミ

 これまで全国各地へ花探しに出かけていますが、紀伊半島と北陸地方はまだほとんど行っていない空白地帯です。昨日はこの空白地帯の一角を埋めるべく岐阜県、石川県、福井県へ日帰りの強行スケジュールでアザミの花を探しに行ってきました。
 探したのはいずれもリョウハク山地一帯の山間地の比較的標高の高いところです。岐阜県から石川県にかけては道路わきや登山道などを捜し見られた花はホッコクアザミ、ハクサンアザミ、テマリフジアザミなどです。

 石川県のアザミ探しを終え福井県に移動しましたが、帰りのことを考え岐阜県へ戻る国道175号線で移動することにしました。当初は175号という番号なのでふつうの国道とばかり思っていましたが、途中からとんでもない道になりました。車一台がやっとという狭い道で、おまけに片側はガードレールもない崖道です。それが延々と続き、緊張で花どころではなくただひたすら対向車が来ないことを祈りながら走り続けました。あとで調べると全国でも屈指のひどい道でした。
 結局福井県ではほとんどアザミの花は見ることができませんでしたが、道幅が広くなったところでどうにかカガノアザミが見られただけでした。

 標高の高いところではもう一部では木々の色づきも始まっており、すっかり秋も深まってきました。そのため他の花はあまり見られませんでしたが、登山道や道路わきにはオタカラコウ、ミツバフウロ、ハクサントリカブト、オオアキギリ、カライトソウ、ウメバチソウ、ダイモンジソウなどが見られ、ツリフネソウはどこでももう十分というほどたくさん咲いていました。

カガノアザミ
カガノアザミ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

ハクサンアザミ
ハクサンアザミ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

テマリフジアザミ
テマリフジアザミ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)
目に入ったときはフジアザミかと思いました。総苞がとがらずてまりのような模様に見えるところからテマリフジアザミ"と名付けられたのでしょうか。葉にも鋭いとげはなく全体にやさしい感じです。

オタカラコウ
オタカラコウ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

オオアキギリ
オオアキギリ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)
アキギリとほとんど同じで分けないとする場合もあります。全体やや大きく、葉の先端が少しとがるとか、鋸歯が不規則などの違いがあります。

ハクサントリカブト
ハクサントリカブト (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)
トリカブトはどれもみな似ており同定に苦労しますが、葉の形状や生育地などからハクサントリカブトではないかと思います。

カライトソウ
カライトソウ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)
標高の高いところに咲く花でとても鮮やかな紅紫色の花です。
Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply