厳寒の星空タイムラプス撮影

 先週は大雪に始まり、そのあとは記録的な大寒波が続き寒さに震えあがっていました。先週から星空のタイムラプス撮影をするためチャンスを待っていましたが、天気のめぐりあわせが悪くなかなか機会にめぐまれませんでした。でもやっと先日チャンスが巡ってきました。 
 撮影は月が沈む1時ころから5時ころまでです。あまりの寒さに撮影に行くか迷いましたが次のチャンスがいつ来るかわからないので意を決して家を出ました。
 場所はまえまえから目をつけていたところで、周りが丘陵地帯で町の明かりの影響や車の影響が少なく、空の広がりも十分で富士山も望めるという場所です。
 撮影地の気温はー4~5度でカメラのセッティングをしていると指先の感覚がなくなるほどの寒さです。カメラ2台で場所を変えながら4時間ほどで1500枚ほどの写真を撮影し、二日がかりで写真の処理をしてタイムラプス映像に仕上げました。ほとんどの時間はパソコンの処理待ちです。もっと高性能のパソコンの必要性を痛感しましたが先立つものがないのが悲しい。

厳寒の星空
富士山の左側にオリオン、右側の明るい光は月です。 (SONY α7Ⅱ ソニーSEL1635Z)

厳寒の星空
縮小したため星がノイズのようになってしまいました。 (SONY α7Ⅱ ソニーSEL1635Z)


Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply