京都橘高校吹奏楽部

 ガンの宣告を受けてからというものは日に日に増す不安と将来への絶望感に気持ちも折れそうになっていきました。そんな時少しでも不安から抜け出そうと、明るい元気の出る音楽をYouTubeで探していると今年の正月にアメリカのパサデナシティで行われたローズパレードのビデオが目に留まりました。

 ローズパレードのことは何も知りませんでしたが大変有名なパレードで、全米はおろか世界各国で放映されるとても大きなイベントで、全長9キロという長いコースを選び抜かれたバンドが行進します。
 2018年にはアジア代表として京都橘高校の吹奏楽部が参加しました。京都橘高校はただでさえ出場がむつかしいローズパレードに2012年に続き2度目の出場です。

 パレードというと軍楽隊を想像し、行進曲を演奏しながら整然と行進していくと思っていましたが、京都橘高校はそんなイメージとは全くかけ離れたまさに異次元ともいえるとても新鮮で感動的なパレードを見せてくれました。

 服装はおよそマーチングでは考えられないオレンジのミニスカート(女子)です。そしてほとんどの団体は行進するだけですが、京都橘は激しいステップで飛んだり跳ねたりととてもエネルギッシュで見ている人を興奮させます。また演奏中も笑顔を絶やすことなく沿道の観客との距離感を縮め、観客と一緒になって盛り上げようとするので京都橘が来ると道の両側の観客席からは大きな拍手喝さいがわき起こります。私も見ていて本当に気分が高揚し沈んだ気持ちも一気に吹き飛んでしまいました。

 ローズパレードでのビデオを見てからはこれまでほとんど見たことがなかったマーチングのビデオをよく見るようになりました。日本の高校生の吹奏楽のレベルはとても高くマーチングもとてもきれいです。特に強豪校といわれる学校は全く吹奏楽もマーチングもわからない私でも素晴らしいと感心してしまいます。でも感心はするけれど京都橘のように気分が高揚し感動することはあまりありません。演奏する側と見る側の距離感や演奏者のエネルギーがあまり伝わってこないです。技術面ではとても高度なのですが、高度になるほど吹奏楽にあまりなじみのない人からは遠い存在になり、演奏者と観客との一体感が失われ楽しさが感じられなくなっていくように思います。例えががいいかわかりませんが、京都橘は合唱コンクールに突然現れたAKB48のような感じがします。

 2012年と2018年のローズパレードや、その直前に行われたディズニーランドでのパレード、Bandfest、パレード後のホストファミリーを招待して行われたBenefit Concert(2012は震災復興支援)、日本での音楽の絆コンサートなどはとても感動的で何度見ても素晴らしいです。
 2018年には片足義足のメンバーが参加しています。この方は生まれつき障害を持ち片足が義足にもかかわらず健常者でも大変な京都橘の吹奏楽部で活躍されています。ハンディを持ちながらも自らの夢の実現のため、つらいことや困難の連続だったと思いますがそれらをすべて乗り越え立派にメンバーとして活躍されている姿に感動し胸が熱くなります。たかがガンぐらいで落ち込んでいる自分が恥ずかしくなる思いです。今年卒業し新たな目標に向かってスタートを切られたと思いますがこれからも夢の実現に向かって頑張ってください。

 京都橘高校には、マーチングをこれまでの軍楽隊の流れから、エンターテイメントとしての要素を取り入れ、多くの人に楽しんでもらえるような新たな方向へとどんどん進化させていってほしいと思います。
Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply