新しいパソコン完成

 すでに中国地方まで梅雨入りしたようですが関東地方も今日梅雨入りするのではと思われます。しかし例年梅雨入りするとすぐ晴天が続くことが多いようですが今年はどうでしょうか?

 現在使用中のパソコンは2014年の暮れに作ったものでcorei5を使った省エネパソコンです。これまで2400万画素の静止画を扱ってきましたが特に処理速度での不満もなく大いに活躍していました。ところがタイムラプスを始るようになり処理に1時間以上もかかるようになりパソコンの性能アップをしなければと思っていました。ところがメモリー価格が1年足らずの間に3倍という驚くべき高騰をしてしまい躊躇していました。さらに今年に入ってから4000万画素のソニーα7RⅢを購入し静止画でももたつくようになり思い切って高性能なパソコンを作ることにしました。

 CPUはインテルのCore i7 8700KにするかAMDのRyzen 7 2700Xにするかまよいました。タイムラプスの処理にはRyzen 7の方が高性能ですがRyzen 7はグラフィックスボードが必要になります。ところがビットコインなどの仮想通貨の普及でグラフィックスボードがマイニングのため大量に使われるようになり価格が急騰し、トータルコストではインテルが圧倒的に優位になってしまいました。性能差はあっても両者を比較した時に差が出る程度で使用上ではほとんど問題ありません。
 というわけでCPUはインテルのCore i7 8700Kに決まりました。あとはCPUに合わせてマザーボード、ケースを決めていきます。これまでケースはMini-TXという小型のものを使っていましたが熱の処理が厳しいので一回り大きいMicroATXにしました。
 さらにCPUの冷却は空冷ではなく簡易水冷にすることにしました。実は空冷でも性能にはあまり差がないようですがはやりものの簡易水冷に挑戦することにしました。
 さらに、さらに性能とは全く関係ありませんがいまやゲーマーの間ではブームとなりつつあるイルミネーションパソコンにしました。ファンと水冷ポンプ、ケース内部をLEDで照明しパソコン内部をド派手に照明します。ついでにほとんど意味がないのですが内部の温度が分かるようにカラーの温度計も付けました。

 そしてやっと高性能ド派手パソコンが完成しました。性能は驚くほど向上し、これまで1時間以上かかっていたタイムラプスの処理が数分で完了してしまいます。4000万画素の静止画の処理もあっという間に終わります。性能的には現状の処理には全く問題はありません。しかし今後4Kや8Kのタイムラプスやビデオを始めるとまた一段の性能アップが必要になるかもしれません。,

新しいパソコン
Micro-ATXのケース内部はMini-ITXに比べゆったりとしてずいぶんすっきりしました。配線も裏側にあるので内部にはほとんど配線がありません。

内部イルミネーション
右側のラジエータファン2個、天井の排気ファン2個、それに背面のファンと合計5個のファンはLED照明付きで色も順に変わります。ケースの側面はスモークのアクリル製で電源ONでパッと明るく光始め見ているだけでも楽しくなります。
Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply