丹沢山麓で見かけた花

 どこまで続くこの暑さ。もう8月に入り夏もそろそろ終盤に差し掛かってきましたがこれからが暑さの本番です。日本の最高気温は先月熊谷で記録した41.1℃ですが、実はこれは気象庁の観測地点の場所での最高気温で、巷では観測地点に入っていない川越はこれよりはるかに暑いということです。こう暑くなると「暑い」という字ではなく「熱い」という字に変えなければならないかも。

 丹沢山麓ではすでに夏を代表するヤマユリが終わり、そろそろ秋の花が咲き始めています。今見られるのはアキノタムラソウ、シロバナアキノタムラソウ、マルバヌスビトハギ、コマツナギ、アキカラマツ、オトギリソウ、クロテンコオトギリ、キンミズヒキ、ガンクビソウ、タカトウダイ(終盤)、セイヨウオトギリソウ(終盤)、メハジキ、ヤナギイノコヅチ、ミゾホウズキなど。

アキノタムラソウ
アキノタムラソウ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

アキカラマツ
アキカラマツ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)

メハジキ
メハジキ (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)

ヤナギイノコヅチ
ヤナギイノコヅチ (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)

クロテンコオトギリ
クロテンコオトギリ (SONY α7Ⅱ Makro Planar T* 2/50)
Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply