秦野・夏の夕景色

 先日8月14日に秦野市の弘法山公園へ夕方から日没のタイムラプス撮影をしてきました。当日は秋の気配を感じさせるようなきれいな筋雲が空いっぱいに広がり日没前後にはさぞ素晴らしい夕焼けが見られることと期待しながら撮影を開始しました。
 ところが、日が低くなるにつれ雲が急速に消え夕焼けは見られず、おまけに富士山は雲に覆われ残念な結果に終わりました。タイムラプスの撮影は数時間後を想定して撮影を開始しなければならずなかなか思ったような映像を撮ることができません。

 撮影中に急に人が多くなり、何事かと思って尋ねるとこの近くの瓜生野地区に数百年前から続く瓜生野百八松明(うりゅうのひゃくはったい)という火祭りでした。大きな松明に火をつけ権現山の山頂から龍法寺門前まで担いでいきます。




瓜生野百八松明
瓜生野百八松明(うりゅうのひゃくはったい) (SONY α7RⅢ ソニーSEL2470GM)
Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply