北海道花のたび その1

 昨日青森からフェリーで函館に渡り、最初に北海道でもごく一部にしか見られないというとても珍しいカリバオウギを探しました。インターネットでも場所がなかなかわからなかったのですが可能性のあるところを絞り込み現地に向かいました。ところが予想していたのとは大違い。いったいどこを探せばいいのだろうと困ってしまいました。こうなったら得意の間に頼るしかなく2~3箇所可能性のあるところにあたりをつけ探し始めるとなんと予感的中。赤紫色の花が見えたときは飛び上がるほどの喜びでした。最初の目的は無事達成できました。

カリバオウギ
カリバオウギ (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)

カリバオウギ
カリバオウギの花 (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)

 次は夕張参詣にだけ見られるというオオケマンソウです。ケマンソウの仲間は40~50センチ前後の大きさですがオオケマンソウは1メートルほどもあります。ところがこの花はたやすく目にすることはできません。沢を何度も何度も渡り足場の悪いところを超えていかなければなりません。歩きながらこの花は絶滅してしまったのだろうかとか、まだ花が咲いていないのではないかとか不安を感じながら何度も沢を渡渉してやっとめぐり合うことができました。最初目にした歌舞はまだつぼみばかりで時期が悪かったのかと思ったらその先にはきれいな花が咲いていました。苦労した甲斐がありました。

オオケマンソウ
オオケマンソウ (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)

オオケマンソウ
オオケマンソウの花 (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)
Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply