礼文島の花

 昨日と一昨日礼文島に渡り島の南部に咲く花を見てきました。今年の礼文島は島の人も経験したことのないような寒さで二日間とても寒くおまけに強風が吹く中での花探しでした。またこの寒さで花の開花も遅れ気味で6月はじめに咲く花かなりみられました。でも本来見られる花はまだ咲きはじめでした。二日間で見られた花の中でいくつかを紹介します。

レブンウスユキソウ
レブンウスユキソウ (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)
今の時期礼文島を訪れる多くの人の目的はこの花を見ることでしょう。でも今年は開花が遅れまだ咲きはじめで開花している花を探すのに苦労しました。

レブンハナシノブ
レブンハナシノブ (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)
今回はこのレブンハナシノブとそっくりのカラフトハナシノブの撮影でしたが、周囲の草が生長して花は草に隠れ気味でカラフトハナシノブと思われる花は探せませんでした。でもほんとにこの二つは別の種類とするのが妥当なのかは素人目には疑問に感じました。

レブンソウ
レブンソウ (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)
レブンの名が続きますがこれもこの時期を代表する花です。でも遊歩道からは遠くて撮影はなかなかできませんでしたが意外なところにもありました。

チシマゲンゲ
チシマゲンゲ (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)
上のレブンソウとよく似ていますが、レブンソウは花が上向きに咲きますが、チシマゲンゲは下向きに咲きます。でもこれ本当にチシマゲンゲか自身がありません。帰宅して図鑑で調べなおします。

チシママンテマ
チシママンテマ (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)
チシマ続きでちょっと変わった形をしたチシママンテマです。でもこれはナデシコ科の花です。

ハマベンケイソウ
ハマベンケイソウ (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)
海岸に生える美しい花です。名前からベンケイソウの仲間のようですがワスレナグサなどと同じムラサキ科の花です。色が紅紫色から青紫色に変わりますので両者が混じって咲きとてもきれいな花です。

フタナミソウ
フタナミソウ (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)
今回のたびの最大の目的はこの花の撮影でした。いまや希少種になり場所もごく限られるようです。半分あきらめ気分で探しましたがとても幸運なことにこの花にめぐり合うことができました。
Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply