やっと姿を現した雪化粧の富士山

 今日は全国的に晴天という珍しい日です。神奈川県秦野市も夜中から雲一つない晴天で4時ころ弘法山公園へ富士山の撮影に出かけました。
 日の出までにはまだだいぶ時間があるので夜景や星空の撮影をして時間を待ち、日の出30分ほど前からタイムラプスの撮影を開始しました。今日の弘法山からの夜景はとてもきれいで町の明かりがまるで点滅するイルミネーションのようにきらきらと輝き、しばらく撮影を忘れてその美しさに見とれてしまいました。
 
 日の出時刻になったのに山頂に日が差してきません。ほとんど雲がないのですがあいにく東の水平線上に少しだけ雲がありそれに遮られ少し遅れて山頂が色づき始めました。山頂に日が差すと一面冠雪した富士山の山肌をみるみるピンク色に染め上げていきます。いよいよ冬景色の富士山登場です。今年はあまり見たことのないほどの冠雪で、年末ころに見る富士山のように裾まで冠雪しています。これは何を意味しているのでしょうか?まさか厳寒の冬?大雪の冬?暖冬であってほしいです。

星空
弘法山公園の星空 (SONY α7RⅢ ソニーSEL2470GM)

星空
弘法山公園の星空 (SONY α7RⅢ ソニーSEL2470GM)

富士山
弘法山公園からの富士山 (SONY α7RⅢ ソニーSEL2470GM)

富士山
弘法山公園からの富士山 (SONY α7RⅢ キヤノンEF70-200mm F4L IS)

Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply