北海道の滝巡り

 北海道・東北の旅から帰って旅の後片付けもまだ終わりそうにありませんがやっと一息つけるようになりました。といっても大量の写真の整理が終わるのはまだだいぶ先のようです。
 今回の旅の目的は花を探すことでしたが、移動の途中に有名な滝を何箇所か訪れましたのでそれらを紹介したいと思います。

 最初に訪れたのは渡島半島の島牧村にあり、日本の滝百選にも選ばれている「賀老の滝」です。滝の近くまで車で行くことができますがそこから遊歩道を30分ほど歩かなければなりません。遊歩道の終点から滝までは200mほどありますが、圧倒的な水量で大量の水しぶきを巻きあげる様は迫力があります。

賀老の滝
賀老の滝 (Nikon D610 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 次は札幌市の近くの滝野すずらん丘陵公園内にあり、これも日本の滝百選に選ばれている「アシリベツの滝」と「鱒見の滝」です。アシリベツの滝は公園の北側にある遊歩道の奥にありますが、滝は道路には近いのですが入口はかなり遠いところにあったため探すのに苦労しました。鱒見の滝も同じ滝野すずらん丘陵公園内にありますが東端の遊歩道の奥にあります。

アシリベツの滝
アシリベツの滝 (Nikon D610 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

鱒見の滝
鱒見の滝 (Nikon D610 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 次は層雲峡にあるこれも日本の滝百選に選ばれている「流星・銀河の滝」です。二つの滝が並行しており、左側が銀河の滝で右側が流星の滝です。落差120メートルのとても美しい滝です。

流星・銀河の滝
流星・銀河の滝 (Nikon D610 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

流星・銀河の滝の近くの紅葉谷に「紅葉滝」に通じる遊歩道があります。紅葉滝は落差はあまりないのですが水の勢いはすさまじく轟音をとどろかせ大量の水を吐き出します。

紅葉滝
紅葉滝 (Nikon D610 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 この他にも東川町には羽衣の滝というとても美しい滝があります。昨年秋に訪れたのですが、崖崩れで通行止めになっておりガッカリして帰ってきました。今回はぜひと思っていましたが、通行止めはいまだ解除されず現時点では幻の滝になってしまいました。
 また、苫小牧から函館へ行く途中に「インクラの滝」というこれも日本の滝百選に選ばれている滝がありますが、どうしても時間がとれず素通りしてしまいましたので次回にはこれらの滝と知床にあるオシンコシンの滝を見たいと思っています。
Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply