東北地方の滝巡り

 スーパ-台風が去り今日は台風一過の素晴らしい青空が広がっています。絶好の撮影日和なのに足の痛みが再発して出かけることができません。原因が全く不明で、夜中急にかかとが傷み目が覚めました。その後痛みはさらに増し歩くのも苦痛でしたがやっと触らなければ痛みは感じなくなりました。もう少し回復には時間がかかりそうです。
 そんな憂鬱な日が続いていますが、今日は先日の北海道・東北旅行の後編として東北地方の滝を北から順に紹介します。

 まず最初日本の滝百選の一つ「七滝」です。「七滝」とか「七つ滝」という名の滝は全国各地にあり間違えやすいのですが、この滝は十和田湖の南西、秋田県鹿角郡小坂町にあります。県道2号のすぐ近く(そば)にあり、道の反対側には道の駅もあり手軽に見ることができます。七滝は落差は60mほどで数段に分かれており下部の滝は幅が広くとても美しい滝です。

七滝
七滝 (Nikon D610 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 次は岩手県八幡平市高畑にあるこれも日本の滝百選の一つ「不動の滝」です。桜松神社から遊歩道を5分ほど歩くと滝が現れます。落差は15mほどですが幅が広く水量が多いので迫力があります。

不動の滝
不動の滝 (Nikon D610 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 三番目はずっと南に下った山形県最上郡戸沢村古口にあるこれも日本の滝百選の一つ「白糸の滝」です。落差は124mありますがこの滝へ通じる道はないので対岸から見る以外ありません。対岸には大きなドライブインがあるのですがその脇から真正面にみえます。滝は名前の通り細い滝で一部木の陰になり全体が見られないのは残念です。

白糸の滝
白糸の滝 (Nikon D610 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

 最後は月山の近く、山形県鶴岡市田麦俣にあるこれも日本の滝百選の一つ「七ツ滝」です。道は少しわかりにくいのですが近くには国の重要文化財に指定されている田麦俣の多層民家があり、ここから六十里越街道と呼ばれる道を少し車で走ると滝のビューポイントがあります。この滝は落差90mで上下2段に分かれ、上は幾筋もの滝が岸壁を流れ落ちる優雅な滝で、下段はそれらが集まって一つの滝として一気に滝つぼへ流れ落ちます。この滝は周りが絶壁で滝の近くへ行くことはできませんが全体が大きくスケール感と優雅さを併せ持つとても素晴らしい滝です。

七ツ滝
七ツ滝 (Nikon D610 AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)
Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply