そろそろ終盤のキンラン・ギンラン

 今年は久しぶりにキンランの当たり年で多くのキンランが見られました。ギンランも去年よりは少し増えているように感じました。連休が終わってこれらの花の様子を見に行ってきましたが、キンランがたくさん見られたところへ行くとほとんど見られません。連休前にはまだ開花前だったので10日間ですべて終わったとは考えられず、株も見られませんでしたので大規模な盗掘にあったようで残念です。キンランは目立つのでどうしても盗掘されやすいのですが、キンランやギンランは絶対に移植できません。
 ギンランは小さいことが幸いし、盗掘は免れたようですので来年も今年以上に数が増えてくれることを願っています。エビネは自生のものはほとんど見られなくなってしまいましたが思いがけなく数か所で見ることができました。しかもよく歩く場所の近くで、意外と私の眼は節穴だったようです。

キンラン
キンラン (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)

シロバナキンラン
シロバナキンラン (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)

ギンラン
ギンラン (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)

エビネ
エビネ (SONY α7Ⅱ FE 90mm F2.8 Macro)
Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply