みちのく花の旅、しょっぱなはトラブルの連続

 九州の旅が台風で中止になってしまったので、これまで行ったことがないこの時期の東北地方の花を求めて今日からしばらく東北各地を旅します。
 これまで東北地方は恐怖の首都高を通らなければならなかったが、圏央道で東名と関越がつながったので東名、圏央道、関越、北関東自動車道、東北道という少し遠回りになるが首都高を通らずに行きやすくなった。
 昨日午後6時ころ家を出てまず東名に入ると数百メートル走ったら突然渋滞。お盆休みでもないのにこの渋滞はどういうことだ。圏央道まで10分もかからないところが1時間以上かかってしまいしょっぱなからなんだかしょげてしまう。それでも圏央道からは順調に関越に入りそろそろ北関東自動車道というときにうっかり通り過ぎてしまった。一瞬考え事をした瞬間に10メートルほど通り過ぎて気がついた時にはもう遅い。高崎でいったん出て再度入りなおし。あああ、割引なしの高い料金を払わなければならない。とほほ。
 北関東から東北は豪雨が予想されていたが雨は少し振った程度で仙台までは何事もなく走ってきた。ところがが仙台を過ぎて少し走ると突然カーナビからコースを変更するというアナウンスがあった。祖跡すぐに高速にも突然通行止めの表示が出た。場所が聞いたこともないところなのでほかの道路かと思いサービスエリアで確認することにした。ところがサービスエリアには何の表示もない。ほかの車も何事もないかの用に次々出発していくのでちょうどガソリンスタンドがあるのでここで給油して出発することにした。しかしリッター170円とは驚きだ。原油価格はもうかなり下がっているのにガソリン価格はまったく下がらない。これには独占企業の横暴ともいえる実に馬鹿にした理由がある。
 出発するとやはり通行止めになっている。仕方なくICを出たが私のカーナビは古いため道路が表示されない。でもほかの車の後をついていけばいいだろうと思っていたら私の直前で赤信号。青に変わって出発したが先を走る車は一台もない。暗闇の中をさまようことになってしまった。カーナビをセットすると戻ってしまうので一般道でしばらく走ると突然どこから来たのかというほどの車の列が現れ何とか列に入ることができた。のろのろ運転にイラつきながらもやっと次のICにたどり着き高速に入るとなんと高速を車が走ってくるではないか。ICを出た直後に通行止めが解除されたようでなんと運が悪いことだろうか。またICを出るならわざわざ高いガソリンを入れなくても下で入れればリッター10円も安かったと思うといっそういらいらする。
 その後は何とか順調に走り続けて14時間以上かかってやっと青森に到着。でも悪いことばかりではなかった。今日は天気予報では雨だったがなんと天気は急回復して青空が現れ祝福するかのように虹まで現れた。
 今日は初日なので花は半分あきらめて後は観光のつもりでいたがなんと無理だろうと思っていたトガヒゴタイを見つけることができた。 予想していたところでは見つからずあきらめていたところ車で走っているときに何か感じて車を止めてあたりを探してみるとトガヒゴタイがあるではないか、ラッキー。

トガヒゴタイ
トガヒゴタイ (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ
Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply