みちのく花の旅、3日目は初めての岩手山

 旅の計画を検討しているときにイワテヒゴタイという花が岩手山にあるということを知りました。しかし岩手山は登るのが大変で私の体力では自信がなくこれまで登山を考えたことがありませんでした。でも、花は山頂ではなく途中にあるというのでここはひとつがんばってみることにしました。
 登山口に到着すると、月曜というのに駐車場にはたくさんの車が止まっているのに驚いきます。登山届けを出して登山開始。最初は樹林帯の緩やかなのぼりが続きやがて1合目に到着する。この先からは山の様相が一変し登山道は溶岩の歩きにくい急斜面になる。気温はそれほど高くないが湿度が猛烈に高く顔や腕から汗が滴り落ちる。
 ずっと樹林帯が続くが少しづつ花も多く見られるようになってきたが肝心のイワテヒゴタイはなかなか現れない。次第にあきらめ気分が強くなり足取りも重くなってきた。でもここであきらめるわけには行かず丹念に探しながら歩いているとやっとイワテヒゴタイが現れた。これで気をよくしもう少し上まであるくことにした。その後も少しだがところどころでイワテヒゴタイが見られたが花がすでに終わったものや花がなくなっているものもある。
 岩手山にはイワテヒゴタイとヤハズトウヒレンがあるということなので、ここまできたら両方見たい。もう足もつかれきってきたがもう少し探してみようとさらに上がっていくととうとう草むらにヤハズトウヒレンを見つけた。これで今日の目的の花は無事見ることができたので気分をよくしてのんびりと下山することにした。下山してから岩手山にはもうひとつイワテヤマトウヒレンというイワテヒゴタイとヤハズトウヒレンの交雑種があることがわかった。残念。事前の調査をもっとしっかりしておけばよかった。

イワテヒゴタイ
イワテヒゴタイ (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)

ヤハズトウヒレン
ヤハズトウヒレン (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)

ガンジュアザミ
ガンジュアザミ (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)
登山道にたくさん咲いている。

昨日八戸で撮影した写真の多くが記録されていませんでしたが、今日ファイルの修復をしたら無事写真を取り出すことができました。原因はいまだ不明ですが写真が無事取り出すことができ大変うれしいです。
Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply