月明かりに照らされ怪しく咲く満開の一本桜

 ここずっと家から出ていないので少し外の空気に触れたいなと思ったら雨。でもこの雨は少し私にとっては恵みの雨。というのもこのところヒノキの花粉の飛散で鼻が詰まり気味です。そのため夜中にのどが渇き咳が止まりません。熱もないしにおいもわかるので、まさかコロナに感染したのではないと思いますがのど飴をしゃぶりながら様子見です。

 今日Youtubeを見ていたらイタリア在住の日本人がイタリアのコロナに対する医療体制を話していましたがとても衝撃でした。というのもイタリアは真っ先に医療崩壊を起こし、医療体制がぜい弱だと思っていました。ところが世界に冠たる我が日本の医療体制は人口当たりのICUはイタリアの半分。しかも日本では医師がPCR検査を受ける必要アリと判断してもほとんどPCR検査を受けられません。高熱でとてもつらいのに遠くの病院へ公共交通機関を利用して何度も足を運ばなければなりません。医師が検査の必要があると判断した人の95パーセントの人が検査を受けられず感染していているのかわからないまま多くの人と接触しています。

 ところがイタリアでは、かかりつけ医に電話やネットで診断してもらうことができ、医師が検査の必要があると判断するとなんとすぐに自宅まで検査スタッフが来て検査をしてくれるそうです。そのため感染の疑いがあっても家からいっぽも出ないでPCR検査が受けられそうです。

 あのイタリアでさえ日本よりはるかに医療体制が整っているのです。台湾ではいまでも外出規制もなくプロ野球も無観客ですが開幕し、韓国やシンガポールではある程度感染者が出たものの死者は極端に少ないです。こんな現状を見るとコロナより日本の政治行政のほうがよっぽど恐ろしいです。コロナではなく、政治や行政でやがて日本は沈没していくのでしょうか。



 少し前に撮影した夜桜のタイムラプス映像がやっとできましたので公開します。とても立派な枝垂桜でそのスケールに圧倒されました。本当は天の川と一緒に写したかったのですが月明かりとまちあかりで天の川は見えませんでした。

Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply