みちのく花の旅、最終日は宮城県の不亡山

 みちのく花の旅もとうとう今日が最後となりました。最後はこのたびのハイライト、花の山として知られている蔵王の近くにある不亡山へ行きます。この山には今の時期フボウトウヒレンという比較的新しく登録された花があります。
 登山口から樹林帯を上がっていくと途中から登山道はぬかるみの連続で帰りが心配になるほど登山道は悪い。ちょうど今登山道の修復工事をしているので完成すれば歩きやすくなるかもしれない。
 樹林帯を抜けるころか花がとても多くなる。ただすでに花の盛期は過ぎているがアザミやトリカブトなど秋の花が目立つ。3時間ほど歩いてやっと山頂に到着した。あいにく山頂はガスに覆われ景色は何も見えないが山頂いったいにもこの時期でも結構花が多い。
 目的のフボウトウヒレンはすでに盛りを過ぎ枯れかけた花が多かったが何とか写真に収めることができた。

フボウトウヒレン
フボウトウヒレン (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)

トリカブト
ワガトリカブト (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)

 これで花の旅は全日程を終了しました。今年は各地で台風や集中豪雨が起こり、当初の計画も途中で何度か挫折、修正を余儀なくされたが何とか東北の花探しのたびを実行できました。東北地方も連日天気予報では雨や曇りだったが奇跡的に雨に振られることもなく全日程を実行できたことは幸運だった。明日は移動途中で時間が許す範囲で滝見物をしながらかえる予定です。
Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply