丹沢周辺のウツギいろいろ

 緊急事態宣言が解除されましたが今が一番危険な時期なのでしばらく自主的外出自粛を継続しています。とはいえ、家に閉じこもっているのはよくないので、このところ人と会うことがない丹沢の林道や周辺の林の中を歩いています。

 この時期は春の花もすっかり終わり、草花は少なくなりましたが花木が多く見られるようになりました。中でも多いのがウツギの仲間です。丹沢やその周辺で見られるウツギの種類はとても多く、一帯どれくらいあるのだろうと「神奈川県植物誌」で調べてみました。

 〇〇ウツギと名の付くものはすべて同じ仲間の植物と思っていましたがアジサイ科とスイカズラ科それにバラ科があり、普通ウツギと言われている多くはスイカズラ科に属します。神奈川県で見られる〇〇ウツギを整理すると以下のようになりそのほとんどは丹沢及びその周辺で見られますが、中にはごく限られたところでのみ確認されるだけのものもあります。

【スイカズラ科】
<ツクバネウツギ属>
 ツクバネウツギ
 ベニバナツクバネウツギ
 オオツクバネウツギ
 コツクバネウツギ

<タニウツギ属>
 ニシキウツギ
  シロバナニシキウツギ
  ベニバナニシキウツギ
 ハコネウツギ
  シロバナハコネウツギ
  ベニバナハコネウツギ
 ヤブウツギ
  ケウツギ(神奈川県植物誌ではヤブウツギの別名としている)
  ニシキビロードウツギ
  シロバナヤブウツギ

 キバナウツギ

 (交雑種)
 ハコネニシキウツギ
 フジサンシキウツギ
 フジベニウツギ
 フジニシキウツギ
 フジクリームウツギ


【アジサイ科】
<アジサイ属 >
 ノリウツギ

<バイカウツギ属 >
 バイカウツギ
 ガクウツギ
 コガクウツギ

<ウツギ属>
 ウツギ
 ヒメウツギ
 ウメウツギ
 マルバウツギ
 ミツバウツギ

【バラ科】
<スグリウツギ属 >
 コゴメウツギ
 カナウツギ


 いやすごい数です。でもほかの場所も含めまだ見ていないのは8種類あります。丹沢及び周辺で見たことがあるのはたぶん半分くらいで、ツクバネウツギの仲間だけはまだ丹沢では見たことがありません。
 そこで5月中に数回西丹沢と東丹沢及び周辺を歩いてきましたが見られたのは以下のウツギでした。中でもオオツクバネウツギは何としても見たかったのですが残念ながら見つけることができませんでした。来年もう少し範囲を広げて探してみたいと思っています。

ニシキウツギ
ニシキウツギ (山地でごく普通に見られ、開花初期は花の色が白く次第に紅紫色に変化する。また葉の裏面脈上には屈毛が密生する)

シロバナニシキウツギ
シロバナニシキウツギ (ニシキウツギのシロバナで色は変化しない)

ベニバナニシキウツギ
ベニバナニシキウツギ (ニシキウツギのベニバナで花色は変化しない)

ハコネウツギ
ハコネウツギ (ニシキウツギそっくりだが低地に多く、葉の裏の脈上にほとんど毛がないか無毛)

シロバナハコネウツギ
シロバナハコネウツギ (ハコネウツギのシロバナで花の色は変化しない)

ケウツギ
ケウツギ (花冠に毛が少しあり、葉の葉柄が短いのが特徴)

ガクウツギ
ガクウツギ

ウツギ
ウツギ

ヒメウツギ
ヒメウツギ 

マルバウツギ
マルバウツギ (葉が対生)

ミツバウツギ
ミツバウツギ (葉が3出複葉)

コゴメウツギ
コゴメウツギ (花は径数ミリと小さい)
Zak
Posted byZak

Comments 2

There are no comments yet.

ポンちゃん  

いやー恐れ入りました。幾つかは多分見たやふな気もしますが、ご親族さんが大勢おられるのですなあ

2020/06/02 (Tue) 18:04
Zak

Zak  

Re: タイトルなし

緊急事態宣言が解除されましたがこれからが危険と思い自主的外出自粛を継続中です。そのため人のいない近くの林や丹沢の林道を時々歩いています。今は花の少ない時期でウツギの仲間くらいしか見られませんがそろそろ夏の花が咲き始める時期です。早く安心して出かけられるようになるといいのですが。

2020/06/03 (Wed) 09:15

Leave a reply