7月最後の朝

 とうとう梅雨が開けないまま7月も最後になりました。今月はまともに晴れたのは1日だけというこれまでに経験したことがない最悪の一か月でした。
 おまけに気がくるっているのかといいたくなるような政府の対応に日本中が再び恐怖をあじあううことになってしまいました。一帯今の政府は世の中を混乱させることに快感を感じているのでしょうか?バカでもこんなことはしないというような理解不能な行政に国民の多くは怒りを通り越して絶望感を感じているのではないでしょうか。
 医療崩壊の危機が迫っているというのに皆さん感染しないように注意してくださいだと??みんなが役に立たないからいらないというマスクをさらに追加して配るだと??旅行に行けだと、家族旅行は安全だと??飲み食いに行けだと??
 今やるべきは一刻も早く感染者を見つけて隔離し、感染を防止することじゃないのか?国民の命より利権のほうが大事だというのだろうか。感染者の隔離場所がないから家にいろだと。家庭内感染が広がっているというのに一番濃厚接触をする家に隔離?
 日本のPCR検査は世界157番目でバングラディッシュより下。あのブラジルでさえコロナ専用病院を緊急に作っているのにこの国では病院のベッドを開けておけと無責任極まりないことを言って医療崩壊以前に経営破綻で病院をつぶしている。旅行や飲み食いのお金は数兆円もあるというのに。

 でも、これを選んだのは国民です。

 書いていてむなしくなってくるばかりです。今朝は曇りながら東の空に帯状の隙間ができていました。日の出直前にそこが赤く染まり始めるとみるみる空一面を赤く染め上げていきました。暗い今の日本もまたいつか日が差す日が来るでしょう。今度は選択をまちがえないようにしてほしいと願うばかりです。

【タイムラプス映像】


Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply