初冠雪を迎えた富士山麓に終盤を迎えた花々を訪ねて

 一昨日は富士山が初冠雪しました。一日たって山中湖近くへ終盤になった花を探しに出かけました。途中三国峠を通りましたが、初冠雪の知らせを聞いてか、いつになく多くのカメラマンでいっぱいでした。

富士山
初冠雪から一日たった富士山 (Fuji X-E1 XF18-55mm)

 今年は季節が少し早いのか例年見られる花も多くは枯れており、いまたくさん見られるのはリンドウ、ヤマラッキョウ、ハバヤマボクチ、リュウノウギクやシロヨメナなどで、ほかには咲き残りのマツムシソウ、タカオヒゴタイ、フシグロそれにムラサキセンブリが見られた程度です。ムラサキセンブリはかっては登山道でたくさん見られましたが今回じっくり探しましたが登山道ではほとんど見られませんでした。植生の変化なのか盗掘なのかわかりませんがとても残念です。

リンドウ
リンドウ (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)

ヤマラッキョウ
ヤマラッキョウ (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)

ハナヤマボクチ
ハバヤマボクチ (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)

フシグロ
フシグロ (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)

ムラサキセンブリ
ムラサキセンブリ (Canon EOS60D EF100mm F2.8L マクロ)
Zak
Posted byZak

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply